0コメント

【デュエプレ】ドルザバード採用のティラノドレイクNDデッキレシピと回し方(Duel Masters PLAY'S)

本記事では≪覇竜凰ドルザバード≫を採用した
無課金向けティラノドレイクデッキを紹介しています。



改めましてこんにちは!ベンジャミンです!
プロスピA、ウマ娘、デュエプレの無課金奮闘記や攻略情報を投稿しています。
私が無課金で続けているゲームの一つであるデュエプレこと
「デュエル・マスターズ プレイス」の攻略編です。
BB8D5315-EF89-4AE2-ABB8-33D8AF68D55C.png



本日紹介するカードは
≪覇竜凰ドルザバード≫
30A7F003-1555-47EE-A00E-3A4CCD51BD7A.jpeg

イラストもカックイイ・・・

第8弾のEXで登場したカードで、
ブレイクしたシールドのトリガーを封じるという
強力な効果を持っています。

しかし、進化元である
ティラノ・ドレイクが力不足であるため
このカードも使いづらくなってしまっているのが
残念ですよね。


そこで今回はそんな≪覇竜凰ドルザバード≫
現環境で最も活躍させることのできるデッキ
組んできましたのでご紹介していきたいと思います!


SRも≪覇竜凰ドルザバード≫含めて計4枚
無課金の方にも組みやすいデッキとなっています!


それでは見ていきましょう!






【クローシスティラノドレイク】デッキレシピ

9740388F-01E0-4350-900F-37513FC2FF32.jpeg

〔リスト〕
4x ≪追撃のライゼン≫
4x ≪電磁傀儡ポワワン≫
4x ≪猛菌恐皇ビューティシャン≫
4x ≪闘竜炎霊パイロン≫
2x ≪ショック・ハリケーン≫
4x ≪ロスト・チャージャー≫
4x ≪のろいとテラーの贈り物≫
2x ≪覇竜凰ドルザバード≫
4x ≪デーモン・ハンド≫
2x ≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫
4x ≪爆獣ダキテー・ドラグーン≫
2x ≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫

今回もAD,NDどちらも対応
デッキレシピとなっております!



回し方
まず、このデッキの勝ち筋としては
≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫とティラノドレイクの2つあるようなイメージです。

≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫の着地を狙ったデッキと見せかけて
≪覇竜凰ドルザバード≫≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫
意表を突いて盤面を取りに行くことが可能です。

理想的な動きとしては序盤に≪ロスト・チャージャー≫で
≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫を墓地に落としたら、
≪追撃のライゼン≫や≪闘竜炎霊パイロン≫等の
ゼロフェニ用の進化元にもなれるカードをちらつかせることで
小型クリーチャーでも積極的に除去してきてくれるので
相手のリソースを削ることが出来ます。

そんな中で生き残ったティラノドレイクを
≪覇竜凰ドルザバード≫≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫
進化させることで効果テキメンです。

どちらも強力なクリーチャーなので
場面によって使い分けることが出来るのも強みとなってきます。

勿論普通に≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫が通っても
盤面を制圧していける為、
非常に柔軟に戦っていくことのできるデッキとなっています。


ランクマッチでも最大6連勝するなど約7割の勝率
今月のマスター到達用デッキとして活躍してくれました。
D66267B4-09AC-44AB-871D-42EE1513C03A.jpeg



各カードの採用理由と使い方

DB814917-A48E-4552-A440-85E1FC6F552F.jpeg
≪追撃のライゼン≫

パワーが3000あるので≪聖鎧亜ジャック・アルカディアス≫や
≪竜極神メツ≫の効果で破壊されず、
また1マナである為進化元としても使いやすい。


CBE4E903-18EA-4A12-BC7E-507F39ABDD1E.jpeg
≪電磁傀儡ポワワン≫

相手のリソースを削りつつ、
ゼロフェニの進化元にもなれるカード。
≪のろいとテラーの贈り物≫との相性も良い。


ED60740D-65B9-40D9-9362-BAC9DA27FFB0.jpeg
≪猛菌恐皇ビューティシャン≫

特に弱いところも無く、
ゼロフェニの進化元になってくれる。


CD8BC175-4B84-4AA8-8D7E-569E65ED155B.jpeg
≪闘竜炎霊パイロン≫

Oドライブでタップされているクリーチャーを
破壊できるカード。
スペックが小型ティラノ・ドレイクの中で1番優秀


A04550B7-6A51-4E4C-8EC3-515D2FD2AB2F.jpeg
≪ショック・ハリケーン≫

展開次第では自身のデスフェニを戻して
相手のクリーチャーをバウンスすることで
その後のデスフェニ効果のハンデスで実質的な除去も可能。

処理しずらい≪究極超絶神≫なんかによく使います。


FDB4B884-6474-4D5F-8EB1-D6EA1CEE7D2F.jpeg
≪ロスト・チャージャー≫

ゼロフェニを墓地に落とす。
マナブースト。


85E1FB00-03A6-46AB-ADD0-B0430531FFEE.jpeg
≪のろいとテラーの贈り物≫

ティラノドレイクはリソースが切れやすいので
非常に相性の良いカード。

場面によってはゼロフェニを生贄にして
相手とのリソース差を広げるのも十分にアリです。


30A7F003-1555-47EE-A00E-3A4CCD51BD7A.jpeg
≪覇竜凰ドルザバード≫

今回の主役
出たターンは攻撃も含めて3枚のシールドをトリガー無効で破壊することも可能なので、
展開の中でさりげなく1or3枚に調整しておくのもポイントとなってくる。

ゼロフェニで攻撃が1回でも通っていればちょうど3枚
2回通っていれば1枚と、ドルザバードにとって
立ち回りやすい枚数になっているのが相性が良い。


00D0FFCB-D983-49DF-BB77-C806E9442C67.jpeg
≪デーモン・ハンド≫

万能除去。


039D26BA-0FAB-458D-BAD7-4768C08E0A59.jpeg
≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫

最大3面除去が可能な優秀なカード。
先ほどののさりげなくシールドを3枚にする際などにも役立つ。


8F9C2A39-9FA0-460B-9E50-A5347E9FD1DB.jpeg
≪爆獣ダキテー・ドラグーン≫

ゼロフェニの進化元兼ティラノドレイク
速攻対策にもなるので迷わず4枚採用できる。


9C87875C-6B7C-4FFD-B606-FD3E70B78B0D.jpeg
≪暗黒凰ゼロ・フェニックス≫

今回のドルザバード補助に一番相性が良い。

ハンデスやランデス、除去カードの消費など、
あらゆる面でドルザバードを最も効果的に使える盤面を
演出してくれます。





まとめ

ドルザバードはイラスト、性能の面で
ロマン+強さを兼ね備えたカードですよね。
私も好きなカードの1枚です。

現状、環境についてこれるような
ティラノドレイクが少ないので活躍の場は少ないですが、
≪覇竜凰ドルザバード≫自体は非常に強力なカードですので
今回ご紹介したデッキを参考に
是非活躍させてあげて下さい!


それではまた次回の記事でお会いしましょう!



その他、少ないSRでも組める
無課金におすすめのデッキをご紹介していますので
こちらの記事も是非ご覧ください!

この記事へのコメント

スポンサードリンク