0コメント

【デュエプレ】「赤青アポロ」デッキレシピと回し方(Duel Masters PLAY'S)

本記事では≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫を使った
New Division用【赤青アポロ】のデッキレシピや回し方を解説しています。


改めましてこんにちは!ベンジャミンです!
プロスピA、ウマ娘、デュエプレの無課金奮闘記や攻略情報を投稿しています。

私が無課金で続けているゲームの一つであるデュエプレこと
「デュエル・マスターズ プレイス」の攻略編です。
BB8D5315-EF89-4AE2-ABB8-33D8AF68D55C.png



みなさん赤白アポロは使ったことがありますでしょうか
【赤白アポロ】のデッキレシピが見たい方はこちら


【赤白アポロ】もご紹介した通り、
強力なデッキなのですが、
今回私がオススメしたいのが
アポロ】です。

≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫が
DP殿堂入りしてしまった今、
アポロデッキの悩み

アポロ(orヘリオライズ)を引けない
アポロが盾に埋まっている

ということだと思います。


以前紹介した【赤白アポロ】の構築のように
≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫に頼らない勝ち筋
も用意することで
何もできない!」となることを
緩和していますが、
やはり≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫を
出せた方が強いんですよね・・・


そんな上記の悩みを一気に解決できるカード
第10弾「戦国武闘会」で登場していました!
そのカードこそ
≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫
15A46AA0-7183-4A22-8390-F5AF9A86DB1A.jpeg


■バトルゾーンに出た時、自分の手札をすべて捨ててもよい。そうした場合、自分のシールドをすべて手札に加え(ただし、その「S・トリガー」能力は使えない)、こうして捨てた手札1枚につき、自分の山札の上から1枚ずつ、自分の山札の上からシールド化する。
■W・ブレイカー


このカードを採用した【赤青アポロ】は、
≪エマージェンシー・タイフーン≫≪蒼神龍ノース・グレイ≫によって
≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫を引き込めに行けるとともに、
盾に埋まっている場合もケアできるようになりました!

また実質盾を回復できる場合があるなど、
継戦能力も向上し、
安定性が増しています。


今回はそんな【赤青アポロ】デッキレシピのご紹介です!

今回もSR3枚と、無課金に優しいデッキになっていますので、
是非是非参考にしてみて下さい!






【赤青アポロ】デッキレシピ

98390C66-C0B8-4CE0-B446-E02302AA0E45.jpeg


〔リスト〕
4x ≪エマージェンシー・タイフーン≫
4x ≪コッコ・ルピア≫
2x ≪コメット・チャージャー≫
3x ≪蒼神龍ノース・グレイ≫
4x ≪ボルシャック・バディ・ドラゴン≫
4x ≪センチネル・ドラゴン≫
4x ≪ヘリオライズ・ドラゴン≫
4x ≪アクア・サーファー≫
1x ≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫
2x ≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫
2x ≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫
4x ≪バルケリオス・ドラゴン≫
2x ≪翔竜提督ザークピッチ≫

今回もAD,ND共に対応の
デッキレシピとなっています!




回し方
理想的な流れとしては
【赤白アポロ】と同じ
3T目:≪コッコ・ルピア≫
4T目:≪センチネル・ドラゴン≫
⇒≪センチネル・ドラゴン≫2体目
5T目:≪センチネル・ドラゴン≫3体目
      ⇒≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫

もしくは

3T目:≪コッコ・ルピア≫
4T目:≪センチネル・ドラゴン≫
    ⇒≪センチネル・ドラゴン≫2体目
    グラビティ0≪バルケリオス・ドラゴン≫
5T目:≪ヘリオライズ・ドラゴン≫
     ⇒≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫

といった感じです。


≪エマージェンシー・タイフーン≫が入った分
≪コッコ・ルピア≫スタートできる確率が上昇しています。


序盤はとにかく上記の流れの通り
アポロの着地を狙い
相手の展開が速いような場合は
≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫を出すなどして
場をリセットするのもアリですね。


≪ヘリオライズ・ドラゴン≫で
アポロをサーチできなかったとき
いよいよこのデッキの見せ所

100%盾に埋まっているので
≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫を出して
盾からアポロを回収して上げましょう。

そのまま進化元としても使えます。

アポロが欲しいがために相手の攻撃を待つという
相手依存の立ち回りを回避できるのがメリットですね。


≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫には
もう一つの使い方があり、
主に速攻系デッキはバンバンシールドを割ってくるので
シールド回復要因としても使えます。

このデッキは、
場に出た時デッキからサーチしてくるカードが多いので
基本手札を5枚前後キープしたままデュエルが進行します。

相手がシールドを割ってくるようなら
尚更手札が増えていますので、
そんな時に≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫を召喚することで
シールドを大回復し、リーサルを回避できます。

あとはまたサーチを繰り返して
アポロを狙う、といった感じですね。


攻め一辺倒だったデッキが
一気に柔軟性が出ましたね。





各カードの採用理由や使い方

01B8FC69-62B2-4881-AC7F-6E3D2801B1A8.jpeg
≪エマージェンシー・タイフーン≫

手札入れ替えでキーカードを引き込む。

シールドトリガーで発動したときに
≪翔竜提督ザークピッチ≫を捨てることで
効果を発動できるのでその点も優秀。


FF37312A-B00D-48A9-ADC2-5D2C86AADF52.jpeg
≪コッコ・ルピア≫

3T目に出せるか出せないかで大きく展開が変わる為、
できれば3T目に出したい。


5628F2C3-B41A-41FE-A38B-E98E7C600288.jpeg
≪コメット・チャージャー≫

≪連珠の精霊アガピトス≫を始めとした
小型・中型ブロッカー処理は勿論、
3T目に空打ちすることで次ターンの
≪ヘリオライズ・ドラゴン≫に繋げて
圧力をかけていくこともできる。


95524A58-5F03-4513-BE79-1DAA3A612FBF.jpeg
≪蒼神龍ノース・グレイ≫

手札入れ替えが可能なブロッカー

流行りの【ガントラビート】の≪ガントラ・マキシバス≫と
相打ちを取れるパワー4000なのも魅力。


881AD0A1-5ED9-460D-ADDF-671E2B54BF67.jpeg
≪ボルシャック・バディ・ドラゴン≫

≪コッコ・ルピア≫を引けていない場合は
このクリーチャーを4T目に出して≪コッコ・ルピア≫サーチ
5T目に≪コッコ・ルピア≫+2コストドラゴンが定番の流れ。

余裕があるときは≪翔竜提督ザークピッチ≫を加えておいたり
≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫を持ってきたりですね。


6A42D8A5-6A16-4566-9CB5-749296FE3289.jpeg
≪センチネル・ドラゴン≫

特に語るところがないくらい優秀なカード。
ルピアセンチセンチバルケリオスを決めましょう。


7323B37C-7BF7-428D-BFFA-1C9526076C3D.jpeg
≪ヘリオライズ・ドラゴン≫

DP殿堂したアポロをサーチする。
2枚目以降はただの重めのドラゴンなのでマナ埋め。


AE83C2F2-C5FE-4A46-96CE-BF928B9D8BA5.jpeg
≪アクア・サーファー≫

優秀なシールドトリガー獣兼青マナ


F6F1DA25-4817-400B-BEF5-1827B178455B.jpeg
≪超神星アポロヌス・ドラゲリオン≫

反則カード
4枚だった頃が懐かしいが
1枚になったことでSecがより映える(感想)


827E6FD6-68BD-40AC-8267-B74BB825477B.jpeg
≪超竜騎神ボルガウル・ジャック≫

こちらも性能は反則レベル

強力な効果を持つ小型獣を展開してくるデッキや、
進化元とするデッキが多い為、
現環境にかなり刺さります。

場合によってはこのカードで押していきましょう。


15A46AA0-7183-4A22-8390-F5AF9A86DB1A.jpeg
≪蒼神龍チェンジ・ザ・ワールド≫

今回の主役
ですがアポロを普通に引けている場合などは
それほど無理して出す必要はないので
出して活躍できるときに使ってあげましょう、


14CB8451-A631-4872-8BF3-277D40C111B7.jpeg
≪バルケリオス・ドラゴン≫

強い
水ドラゴンはGゼロの対象ではないのを
たまに忘れるのでご注意を。


70F65064-9F99-4350-AABC-85ACD6129DDC.jpeg
≪翔竜提督ザークピッチ≫

ハンデスが入って言いそうなデッキには
バディでサーチしてチラつかせておけば
勝手に困ってくれます。


まとめ

赤白、赤青それぞれ良さがあり、
どちらも楽しめて十分現環境で通用する強さになっていますね。

ザワールドを持て余している方や
デッキ生成コストを抑えたい方は
是非この赤青アポロを組んでみて下さい!


他にも少ないSRで組めるけど強い
無課金オススメデッキを紹介していますので
ご覧ください!

この記事へのコメント

スポンサードリンク