0コメント

【ウマ娘】トレーニング効果アップとは?サポート効果のメリットを解説!(Umamusume)

本記事では、サポカのサポート効果の1つである
トレーニング効果アップについて考察していきます。



改めてしてこんにちは!
ベンジャミン(@mukakingameblog)です。

プロスピA、ウマ娘、デュエプレの無課金奮闘記や攻略情報を投稿しています。

今回は、ウマ娘こと
「ウマ娘 プリティーダービー」の無課金攻略編です。
C5E83001-E48C-4662-B5BC-CDB55B088D90.jpeg



さて今回解説していくのは
サポート効果の1つでもある
『トレーニング効果アップ』について。

サポートボーナスの効果には、
「友情ボーナス」や「やる気効果アップ」など
様々な効果のボーナスがあります。

中でも「トレーニング効果アップ」
サポート選びの際に
特に重要なボーナスとなるので
その効果をしっかりと覚えておきましょう!



トレーニング効果アップは、
そのサポートがいるトレーニングで
得られるステータスが〇〇%アップする
というシンプルなサポート効果です。

最も分かりやすい強さを持ち、
このサポート効果を持つサポカは
育成の際に大きな効果をもたらしてくれます。

では具体的にどの程度効果があるのか
計算式を用いて解説していきます。



各サポート効果などとの比較

ウマ娘のトレーニングでの
ステータス上昇値は以下の6つの値を
掛け合わせて算出されています。

  1. 上昇基礎値
  2. 育成ウマ娘成長補正
  3. 友情ボーナス補正
  4. やる気効果補正
  5. トレーニング効果補
  6. 人数補正

4. やる気効果補正
= 1 +(育成ウマ娘のやる気補正) × (1 + (練習参加サポートカードのやる気効果アップを加算))

5. トレーニング効果補正
= 1 +(練習参加サポートカードのトレーニング効果アップを加算)

6. 人数補正
= 1 + (0.05×トレーニング参加人数)

今回はこの指標を使って比較していきます。



やる気効果アップとの比較
突然ですがみなさん、
  • やる気効果アップ「60%」
  • トレーニング効果アップ「15%」
どちらが強力だと思いますか?
(どちらもそれぞれのサポート効果の中で
 最高クラスのアップ率です)

一見、数字の大きいやる気効果だと考える方も
いるのではないでしょうか。


これを先ほどの式に当てはめると

【やる気効果アップ60%の場合】
={1+(0.2×(1+0.6))}×(1+0)
=1.32×1
=1.32


【トレーニング効果アップ15%の場合】
={1+(0.2×1)}×(1+0.15)
=1.32×1
=1.38


このようにやる気効果アップよりも
トレーニング効果アップの方が
トレーニング効率が良くなります。

今回は1人分の比較なので、
さらにトレーニング効果アップがかけ合わされば
より強力になることがお分かり頂けるかと思います!





人数補正との比較
それでは続いて
以下の「A」と「B」でスピード練習をした場合
どちらがスピードが伸びると思いますか?

A
キタサンブラック、ヒシアマゾン、
ダイタクヘリオス、ダイワスカーレット
sp_108 (1).pngsp_23.pngsp_99.pngsp_22 (1).png
B
キタサンブラック、ビワハヤヒデ
sp_108 (1).pngsp_26.png

クライマックス編、すべて完凸、練習レベル5、
絆ゲージはオレンジ、調子は普通とします。

私もそうですが、似た状況の時、
人数が多い「A」を選ぶ方も多いのではないでしょうか。



それでは計算していきます!

計算式の①~④の条件は同じ条件の為、
その箇所は今回は1と仮定。

【「A」の場合】
=1×(1+0.15)×(1+0.05+0.05+0.05+0.05)
=1.15×1.2
=1.38


【「B」の場合】
=1×(1+0.15)×(1+0.15)×(1+0.05+0.05)
=1.15×1.15×1.1
=1.45

ということで正解は「B」です!

こうした背景にあるのが
やはり「トレーニング効果アップ」

「A」はキタサンブラック以外の3人は
トレーニング効果アップを持っていませんが、
「B」のビワハヤヒデは「トレーニング効果アップ:15%」を持っています。

これによりトレーニングに集まった人数が少なくても、
より高い練習効率をたたき出すことができます。

今回の例では1人でしたが、
同じくさらに「トレーニング効果アップ」持ちが
重なればどれだけ高い練習効率となるか想像できるでしょう。





トレーニング効果のメリット

得意練習以外でも大きく効果を発揮
「友情ボーナス」や「やる気効果アップ」などは
多くのサポカが持っていますが、
絆が溜まっていないと効果が無かったり、
やる気が好調以上でないと効果が無いなど
一定の条件を満たせていないと効果が発揮しません。

一方で「トレーニング効果アップ」は
いつでも効果を発揮します。



序盤のレースにも勝ちやすくなる
「トレーニング効果アップ」は
他のサポート効果とは違い、
絆が0でもやる気が普通でも
必ず練習効率がアップします。

特に友情トレーニングが発生しない
序盤からステータス上げに貢献できるので
ジュニア期のホープフルステークスや朝日杯などの
G1レースにも勝ちやすくなるでしょう。



育成の安定&上振れを狙える
得意練習は勿論、
得意練習以外でも効果を発揮することで、
ステータスが全体的に伸びるので
育成が安定します。

また、自分が行いたい練習に多く被ってくれることで
よりステータスが伸びるので上振れも狙いやすくなります。





トレーニング効果アップ15%以上のSSR/SRサポート一覧

最後にトレーニング効果アップが最高クラスの
「15%」持ちのサポートカードを紹介しておきます。

是非サポートの凸や獲得の参考にして下さい!



SSRサポート
サポートカード
タイプ備考
マルゼンスキー
スピード
最大25%
(トレーニングLv×5%)
ナリタトップロード
スピード
最大20%
(ファン数に応じて上昇)
シーキングザバール
スピード
最大20%
(最大体力に応じて上昇)
ビコーペガサス
スピード
固有込みで20%
キタサンブラックスピード固有込み
イクノディクタススタミナ
最大20%
(編成したサポートカードの
絆ゲージの合計に応じて上昇)
メジロパーマースタミナ
最大20%
(現在の体力に応じて上昇)
スーパークリーク
スタミナ 
タマモクロス
スタミナ固有込み
アドマイヤベガ
パワー固有込みで20%
バンブーメモリー
パワー 
ライスシャワー
パワー固有込み
アグネスデジタル
パワー固有込み
サクラバクシンオー
根性
絆ゲージが80以上かつ
得意トレーニングでない時20%
アイネスフウジン
根性固有込み
ハルウララ
根性 
トウカイテイオー
賢さ
最大20%
(編成したサポートカードの
絆ゲージの合計に応じて上昇)
ナイスネイチャ
賢さ 
ファインモーション賢さ 
ナカヤマフェスタ賢さ 

最近は条件付きで
トレーニング効果が20%に達する
サポカも増えてきています。

キタサンブラックやナイスネイチャ、
ファインモーションなど
強サポートとして有名なサポートが多いのも
トレーニング効果アップ持ちというのが大きいでしょう。



SRサポート
サポートカード
サポートタイプ備考
ビワハヤヒデ
パワー固有込み
メイショウドトウ
根性固有込み
タマモクロス
根性
ナイスネイチャ
賢さ固有込み
メジロドーベル
賢さ固有込み

SRは固有込みでなんとか15%に達する
サポートが5枚!

これらのSRは無課金でも獲得しやすいので、
サポート編成に迷った際は
この中のどれかを編成しておけば
育成に大きく貢献してくれるでしょう!





まとめ

今回は「トレーニング効果」の強さについて解説しました。

トレーニング効果アップは
数字の割にステータス上昇への影響が大きく、
腐りにくく使いやすいボーナスです。

今回の記事を参考に、
トレーニング効果アップ持ちを中心に
サポートの編成や育成の立ち回りをして
今後の育成に役立てて頂ければと思います!


ではまた次回の記事で!


他にも無課金攻略に役立つ情報
多数紹介していますので
こちらのまとめ記事も是非ご覧ください!

この記事へのコメント

スポンサードリンク